事業資金

事業資金の融資を得るために3つの目的に分けて考える

更新日:

ビジネスローンとは

事業資金の融資のことであり、

事業目的に対して

利用することができます。

 

この事業資金は

銀行や消費者金融で

借りる方法が一般的です。

 

事業資金について、

今回は目的別に分けて、

1.ビジネスローン一般について

2.個人事業主について

3.新規事業立ち上げ時について

の3つに分けてお伝えしていきます。

 

1.ビジネスローンの融資を受けるために大事な事

事業資金を申し込む時には、

業歴がどんなものかで、

審査の通りやすさが

影響を受けます。

 

ビジネスローンの申し込みを

する時に大事なこととして、

事業の計画表をしっかり

作成することがあります。

 

場合によっては、

保証人を付けることで

金額が大きな融資であっても

スムーズに可決されるケースも

あります。

 

事業資金の審査のポイント

決算書の審査においては、

代表者が確実に返済できるか、

 

借り入れ予定の融資を

どのように返済していくか、

保証人の返済能力をチェックする

ポイントです。

 

今後、確実に利益が見込める

資金計画が立てられているかは、

ビジネスローンの審査では

大事な部分であり、

 

健全な経営ができていれば

審査に有利です。

 

代表者がどんな人物かも、

事業資金の融資に当たって

金融機関が注視する点と

なりますので、

十分意識しましょう。

 

事業資金の審査に不利なものとは

起業してから

時間が経っていない場合は、

経営が軌道に乗っていない

可能性が高いと判断されて、

審査では不利になるでしょう。

 

別のキャッシング会社から

融資を受けている人や、

ローンの延滞をしたことがあると、

審査は不利になります。

 

審査の結果次第で、

事業資金が借りられるかどうかが

決まります。

融資の申し込みをする時は

入念に対策を講じておきましょう。

 

2.個人事業主が事業資金を融資してもらうためには

個人の事業主が、

金融会社からの事業資金を

希望している時も、

消費者金融会社から

借りることができます。

 

事業資金の細かな条件は、

金融機関によっても違いますが、

個人事業主は、

生活費としても

使えることがあります。

 

個人事業主が消費者金融に融資を申し込む時

個人事業主が消費者金融に

融資を申し込む時、

 

申込み時には必要書類を提出して、

無事に審査を通過すれば、

事業資金を融資してもらうことが

できます。

 

運転免許証やパスポートなど、

申込み者が本人であることを

証明できる書類を用意し、

 

その他にも、

申し込み時に必要な書類を

作成してから、

消費者金融会社に

申し込むという形になります。

 

事業資金の融資に際しての条件

消費者金融機関の中には、

事業資金の融資に際して、

いくつかの条件を

設けているところもあります。

 

確定申告書については、

直前の1期を出すことが、

事業資金の融資を受けるためには

必要になります。

 

青色申告と白色申告の

どちらでもいいので、

1期分の確定申告書を

提出するという形式の

消費者金融会社も存在します。

 

事業資金として

消費者金融会社から借りると、

 

全額返済にかける期間は

8年~9年内に留めること

という条件づけがされている

ことがあります。

 

書類を提出し、

審査に通過した場合は、

個人事業主は事業資金として

融資を受けることができます。

 

消費者金融会社の金利について

消費者金融会社の金利は

他の金融機関より高めに

設定されていることが多いことを、

わかっておきましょう。

 

高金利の借り入れに

なってしまうので、

設備投資に用いる資金より、

 

運転資金として

お金が必要な時に

受けることが多いようです。

 

消費者金融会社から事業資金の融資をしてもらうメリット

事業融資を消費者金融会社から

時のいいところは、

連帯保証人を立てずとも

融資が受けられる

可能性があることです。

 

様々な条件などを考え、

しっかりとした書類を用意して、

事業資金融資の準備を

進めていきましょう。

 

3.新規事業の立ち上げで事業資金の融資を消費者金融等から受けたい場合

これから新規事業を

立ち上げようと考えた時、

事業資金をどうしようと

考えることがあるかと思います。

 

事業を始めるための資金を

借り入れたいけれど、

自営業や、個人事業主では、

銀行融資が難しいという

こともあります。

 

個人事業主として

資金を必要としている人が、

金融機関から融資を受けたい

場合は、どんな金策の方法が

あるでしょうか。

 

フリーローンを事業資金として借りてみる

事業にお金が必要だからと、

カードローンやキャッシング

などの個人を対象とした

フリーローンを利用する方も

います。

 

しかし、

カードローンやキャッシング

というのは事業資金に使うことが

できない場合が多くなっています。

 

事業資金に使えるか否かは

金融会社によって一律では

ないので、事前に確認が必要な

事柄です。

 

では消費者金融からは

事業資金を借りられないのか

というとそうではありません。

 

消費者金融会社から、

事業資金として融資を

希望するなら、

ビジネスローンを扱っている

ところを探しましょう。

 

フリーローンのメリットとデメリット

フリーローンは、

借りたお金の使い道を

特に限定していませんので、

事業資金として使っても

問題はないようです。

 

消費者金融会社のフリーローンや

ビジネスローンは、

申し込みから融資までが

短時間で済んだり、

 

申し込みの手続きが

簡便に済むという長所は

ありますが、

 

先ほども伝えた通り、

利息が高くなりがちですので

要注意です。

 

ビジネスローン以外の融資の活用方法

ビジネスローンを

活用する以外にも、

日本政策金融公庫を

活用する方法もあります。

 

希望の融資金額や、

返済のペース、金利条件などは

金融機関によって

差がありますので、

 

どんな条件での融資を

望むのか方針をまず

固めることが大事です。

 

比べてください事業資金融資

事業資金を借りられる金融機関

事業資金を借りられる 金融機関一覧のページです。   事業展開をスムーズに 行えるように、   あなたが探している条件に合う 金融機関をこの中から ぜひ見つけてください。 &nbs ...

続きを見る

-事業資金

Copyright© お金について知っておくべき事 , 2018 All Rights Reserved.